その時が訪れたならば

時期を見計らって、とっておきのIT革命を起こそうとする方がいることでしょう。
そのために周到な準備をしていき、IT革命に必要な必需品を取り揃えて仲間と共にプロジェクトを実行するなりして自分の意思を多くの人に伝えようとするのが窺えます。
ライバルのIT企業の出方次第で活動の時期をずらすことが往々にして考えられて、相手が勢力を落としたその時に思い切ってIT革命を決行するのです。

まるで、ダムから大量の水が勢いよく流れていくかのような急展開を連想させていき、まるでドラマを見ているかのような華麗な光景なのだろうと思います。
まさに千載一遇のチャンスだと言わんばかりにライバル企業と熾烈な戦いを繰り広げていき、絶対に負けられない戦いに打ち勝とうとする意志の強さが垣間見えてくるのです。

定年退職する時期が近づいてきたベテランエンジニアは、若い部下にこれまで習得してきたITノウハウの中で最高峰のノウハウを伝授していき、悔いのないエンジニアライフにしていこうとする機会があると思います。
信頼の置ける部下ならば、安心して自分の後釜が務まるはずだと判断したからこそ、ベテランらしい指導をしようと思い立つのです。

部下への指導が完遂したときに、肩の荷を下ろせるくらいの安堵した気持ちとなっていき、これで思い残すことはないとしてIT企業を後にしていくのであります。
退職した後も、自分の後を引き継いだ部下がしっかり働いていることを心から願っていることでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です